2011年07月04日

ワイキキのトロリーバス

ワイキキには、旅行会社のトロリーバスがたくさん走っています。

格安系の旅行会社のトロリーバスは混雑していますが、JALパックのレインボートロリーはあまり混雑していません。

我が家は、6歳と3歳の子供を連れて行ったので、座れるトロリーバスはありがたいです。

また、ベビーカーも折りたたんでトロリーバスの乗せられます。

乗り心地は、あまりよくありません。

サスペンションが板バネといって、トラックと同じサスペンションだから、ガタガタ揺れるんです。

これは、どの旅行会社のトロリーバスも同じ。

注意したいのが、古い乗り物なので、ねじの頭が出ていたり、木製のベンチに似たイスがガタガタ揺れること。

6歳の息子は、ベンチに指を挟んで血豆が出来ました。

トロリーバスは、窓がないので、ワイキキの爽やかな風にあたりながら市中見学できます。

途中、陸軍の博物館の前を通ったときは、ハワイの民族衣装を着た兵隊さんがいました。

上半身裸で!

なにか戦争関係のイベントがあったようです。

6泊7日のハワイ旅行でしたが、トロリーバスに乗ったのはアラモアナセンターに行った1回だけでした。



posted by ひで at 14:42| Comment(0) | 役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

ワイキキでのアイホン・ドコモの活用法 ハワイ

私が2011年3月にハワイに持って行った携帯電話はアイホン4(iphine4)です。

嫁はドコモの海外携帯対応機を持って行きました。

アイホンもドコモもホノルル空港に着くと自動で海外の携帯電波を感知して海外ローミング状態になります。

日時も自動で現地時間になります。

このままだとメールを受信してしまい、余計な費用が発生すると思ったので、アイホンの設定でメールを受信しないようにしていました。

嫁のドコモは大事なメールが来るというので、メールを受信できるようにしていました。

ドコモは、ワイキキでも日本にいるのと同じように、普通にメールを受信していました。


さて、アイホンもドコモもJALパックを利用している旅行客は、ジャルアロハラウンジでのwi-fiが無料で使えます。

IDとパスワードはアロハラウンジで聞けばすぐに教えてもらえます。

また、アイホンに限ってはワイキキにアップルストアがあるので、そこでも無料でwiーfiが利用できます。

アップルストアのwifiは、IDやパスワードを入力しなくても自動で接続できるので便利です。

ワイキキのアップルストアの場所は、ロイヤル・ハワイアンセンター1階にあり、DFSギャラリアから近いので便利です。

営業時間は午前10時から午後10時までです。


ワイキキは無料のWi-Fiスポットが少なく、有料のWi-Fiスポットはたくさんあります。

たとえば、我が家が宿泊したシェラトン・プリンセス・カイウラニは、1日15ドルでWi-Fiが利用できますが高いですよね。

しかし、シェラトン・プリンセス・カイウラニは1階にジャルアロハラウンジがあるので、そこに行けば、Wi-Fiが無料で使えます。

我が家の場合、ジャルアロハラウンジでアイホンを使い情報収集していました。


ハワイ滞在間の携帯電話は、JALパックでレンタルした無料携帯電話を主に使っていました。

6泊7日の旅行で通話料は約5000円でした。

また、日本から持ってきたアイホンもドコモも、ワイキキではお互いに電話をすることはできました。

もし、レンタルした携帯電話をホテルに忘れても、日本から持ってきた携帯電話を持っていれば連絡がつきます。


最後に、妻のドコモですがメールの受信と、ハワイで撮影した写真を、実家の携帯に送っていました。

後から請求が来たのですが、6000円の利用料がかかっていました。

私のアイホンは無料のWi-Fiしか使っていないので0円でした。



posted by ひで at 09:17| Comment(0) | 役立つ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。