2011年05月18日

日本語が通じる内科医 ワイキキ DFSギャラリアビル

子連れでハワイ旅行で心配なものの一つに、子供の病気があります。

長男は毎月のように扁桃腺を腫らし高熱が出るので心配でした。

ハワイ滞在間は、病気にかかることはなかったのですが、ワイキキに日本語が通じる病院があるので紹介します。

その病院は、JALパックの「ホクレア・ガイドブック」の最終ページにも載っている病院です。

千葉大学医学部を卒業したクリス内科医で、DFSギャラリアビル6階603号室にあります。

診療時間は
 月〜金曜日 8:00-17:00
 土曜日 8:00-12:00
となっています。

電話は(808)921-0330で、24時間日本語対応で安心です。

また、ワイキキ内であれば、24時間往診可能と書いてあります。

支払いについては、クレジットカードが使えるので、是非、JALカードを作っておくことをすすめます。

もし、JALパックでハワイ旅行に行ったのであれば、アロハラウンジで相談してから病院に行った方がいいでしょう。

JALパックには少額ですが医療保険がありますし、保険会社で支払いを済ませてくれるかもしれません。


posted by ひで at 19:55| Comment(0) | ハワイの病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。