2011年03月18日

海外旅行に持って行ったビデオカメラ

我が家は、7泊6日のハワイ旅行に持って行ったビデオは、ソニーのCX−370Vです。

内蔵メモリーは64GB

ハイビジョン画質HQモード(工場出荷時)で15時間30分の動画を記録できます。

画質は4段階の下から2番目の画質ですが、我が家の32型液晶テレビで見て、きれいに映っています。

付属のバッテリーでは、1時間50分しか撮影できないので、大型バッテリーを購入しました。

しかし、純正のバッテリーパック「NP-FV100」は、1万円以上するので買えません。

そこで、互換バッテリーを格安で購入しました。

詳しくは「NP−FV100を格安で購入する」を見てください。 

この互換バッテリーを使うと、1回の充電で7時間くらい撮影できます。

今回、このビデオカメラとバッテリーパックをハワイ旅行に持って行きました。

内蔵の64GBで15時間撮影できるのですが、バックアップ用に外付けHDDを持って行きましたが、一度もバックアップ用はしかなったです。

7泊6日のハワイ家族旅行で、これでもかと撮影してつもりでしたが、半分の7時間くらいしか撮影できませんでした。

次にバッテリーパックですが、7時間の容量があるのですが、スタンバイの時間もあるので、実際は7時間も撮影できません。

しかし、朝出発して夜にホテルに戻ってもバッテリーの残量は十分残っていました。

バッテリーが少なくなって、ヒヤヒヤしたこともありません。

寝るときに充電すれば、次の日には満充電です。

結論から言うと、64GBメモリーがあれば余裕で記録できます。

大容量バッテリーを準備すれば、バッテリーの残量を気にすることがありません。

しかも、互換バッテリーは2000円台で購入できます。



↓ ハワイの持って行ったデジタルビデオカメラ




posted by ひで at 21:47| Comment(0) | 旅行準備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。